お問い合わせが増えています。

AppleWatchとの「同期が上手くいかない」・「データ転送が失敗する」と言った方はこちらをお読みください。


AppleWatchアプリの使い方

(開始手順)

①最初にWatch側のアプリを起動します。

②「自動ホール送りモード」を選んで開始。

③iPhone本体側でコース画面になります。

④数秒後「ラウンド開始」が表示されます。

⑤「ラウンド開始」を押して開始します。


※10秒以上開始ボタンが表示されない場合は「開始ボタンが表示されない時の対処方法」をご覧ください。



-メイン画面説明-

 
●ティーグラウンドに近づくとホールを自動で判定して切り替えます。

●グリーンに近づくにつれてコースマップは自動的に拡大されていきます。

●2グリーンでは残り距離を左右同時表示しますので切り替え不要です。

注)iPhone側でピン位置調整を行うとグリーンセンター迄の距離表示はピン位置となります。


 新しく追加された機能

『高低差表示』機能を追加しました!

自位置からグリーンセンター(ピン位置)までの高低差を表示します。

打ち上げ「+赤y」、打ち下ろし「-緑y」でそれぞれ表示されます。

 
※高低差表示を非表示にしたい場合はこちらの設定方法をご覧ください。



●自動で便利な『打点登録アシスト』機能のご紹介
 
プレイヤーのショット位置を推測して自動的に打点登録を行います。

特別な操作は一切不要で、ラウンド中の飛距離確認やラウンド後の振り返りに役立つ便利な機能です。

注)Watch側のGPS優先を選択すると自動的にアシスト機能が有効になります。


<推奨端末について>

アシスト機能ではAppleWatch側のGPSを利用しますのでバッテリー消費が激しくなります。その為、当該機能は「Series4以降」を推奨端末とさせて頂いております。

尚、「初期型」及び「Series1」はGPS未搭載のため対象外となります。


●「画面のダブルタップ」でも打点登録できます。
 
 画面の「ダブルタップ」で打点登録した際に飛距離を表示します。

注)アシスト機能OFF時の1打目はバックティ(最も後ろ)からの距離表示となります。


 主な機能のご紹介

「利用履歴」からの起動
 
 最後に利用したゴルフ場の履歴(10件迄)からコースを選択して開始できます。


Watch側から「終了」する  
 ラウンド終了を押すとiPhone本体側も終了します。


ホールを手動で切り替え
 
 「切り替え画面」でホールを選択(タップ)するとホールが切り替わります。



-WatchのGPSを使用する-

●Watch側のGPS優先をONにするとWatch側GPSが利用できます。

また、このGPS優先を有効にすると「打点登録アシスト」機能も自動的に有効となります。

※アシスト機能のみを無効にする設定はございません。




※上記GPSオプションはWatchOSVer5.0以降でないと有効になりませんのでご注意ください。


●『Watch側のGPSを優先』をONにするとバッテリー消費が激しくなります。弊社で行った連続稼働テストではSeries2&3端末で5時間、Series4端末で6時間となっております。バッテリーの消費を抑えたい方は「Watch優先をOFF」にした状態でご使用されることをお奨めします。


●『Watch側のGPSを優先』をOFFにした場合でも、iPhone本体から30m以上離れてBluetooth接続ができなくなると、自動的にWatch側のGPSを利用します。但し、打点登録アシスト機能は有効になりませんのでご注意ください。(※Series1はGPS対象外)


-高低差表示を非表示にしたい-

●Watch側の設定で高低差表示を非表示にすることができます。




※競技ルール等で高低差を非表示にしたい場合はこちらのオプション設定で指定してください。(上記画面は設定画面を下にスクロールすると表示されます。)



-時計表示に戻ってしまう-

●スリープ復帰時に勝手に時計表示に戻ってしまう問題は設定変更で解決できます。

●iPhone本体でマイウォッチを起動して、

『一般>画面のスリープ解除>1時間後』を選択するとスリープ復帰時も最後に画面で見たアプリが1時間後までは表示されるようになります。
※OSが旧Verの方で「1時間後」の項目が見当たらない場合は『一般>画面のスリープ解除>常に』を選択してください。


-同期が上手くいかない場合の対処方法-

●iOS14以降、新規インストール時またはアップデートの直後にiPhone本体とAppleWatchとのデータ転送が正常に機能しないという報告が寄せられております。


こちらを解消するにはiPhone本体側のアプリを起動して
「一般」>「リセット」>「同期データをリセット」を押下します。
その後、iPhone側からコース選択の画面に戻って最初から操作を行ってください。

上記の『同期データをリセット』を押しても、画面上の反応はございませんが問題ありません。
※上記を試しても解消されない場合は『iPhone本体の再起動』を行ってください。それでも解消しない場合はお手数ですがAppの入れ直し、またはAppleWatchの再ペアリングをお試しください。


-開始ボタンが表示されない-

●稀に10秒以上経過しても「ラウンド開始」が表示されず、無反応状態になる場合がございますが、 その際はiPhone本体でTOPメニューまで戻ってゴルフ場の再選択からお願いします。

 もしコースの再選択を行っても解消されない場合は「Bluetooth接続がオン」になっている事を確認した上で以下をお試し下さい。

  ①Watch本体を再起動する。
  ②iPhone本体を再起動する。

※上記の①②を試しても解消されない場合はAppの入れ直し、またはAppleWatchの再ペアリングが必要になる可能性があります。


-課金の確認について-

●Watch側での利用開始時においてもiPhone本体の「課金状況」について確認を行っています。 その際に以下のようなメッセージが表示される場合がございます。

この場合、先にiPhone側で正常にコース選択ができることを確認し、iPhone本体とWatchがペアリング(Bluetoothで接続)できている状態で再度コース選択をして起動すると解消します。


-正常に動かない&起動しない-

●前回のラウンド終了時に正常終了しなかった場合やOSのバージョンアップ等の関係で、稀にWatch側のAppを何度起動しても起動できなかったり、課金情報が確認できず使用できなくなる場合があります。
もし、AppleWatch及びiPhone本体の再起動を行っても不具合が解消できない場合は、以下の手順に従ってAppleWatch側のAppを再インストールを行ってください。

■Appの再インストール方法


上記の手順でAppleWatch側のAppが完全に初期化されます。
GPSの設定で「Watch側のGPSを優先」を選択されていた方は再設定が必要になります。

また、再インストール直後に動作を試される際には、必ずiPhone本体のTOPメニューに戻ってゴルフ場の選択から行うようにしてください。
※ゴルフ場を選択した後のメニューから「自動ホール送りモード」を選択してもコースマップは転送されません。


-Watch側にアイコンが出ない-

●インストール後にAppleWatch側だけアイコンが表示されない場合があります。 その際にはiPhone本体とAppleWatchの再起動をお試しください。
多くのケースで再起動すると解決したとの報告を受けております。


-Appのバックグラウンド更新について-

●「マイウォッチ」>「一般」>「Appのバックグラウンド更新」は「オン」にしてご利用下さい。
「オフ」にされますと自動ホール送りが正常に動作しない場合がありますのでご注意ください。


-「打点登録アシスト」機能について-

●アシスト機能ではGPS及びWatchのセンサー類を利用してプレイヤーのショット位置を推測しておりますが パターや短いアプローチ等は推測することができません。

また、ショット位置以外で行った素振りや激しい動作を誤って履歴として保存することがあります。

正確なショット履歴を保存されたい方は従来の画面ダブルタップによる打点登録との組み合わせでご使用ください。


●アシスト機能は右打ちの方は左手首左打ち(レフティ)の方は右手首にAppleWatchを巻いてお使いください。


<その他ご注意>

・高低差表示についてAppのアップデート前に使用したコース履歴から起動した場合、高低差は表示されません。データの再転送が必要ですので再度iPhoneでコース選択してデータ転送を行ってからご使用ください。

・海外コース等一部のコースには高低差データが含まれておりません。

・AppleWatchのGPS利用はバッテリー消費が激しいため、Series4以降の端末が推奨となります。