【重要なお知らせ】
本アプリはWatchOSVer3.0以前では正常に動作しません。必ずWatchOSを最新のVer4.0以降にアップデートしてご使用下さい。


新しいAppleWatchアプリの使い方

(開始手順)

①最初にWatch側のアプリを起動します。

②「自動ホール送りモード」を選んで開始。

③iPhone本体側でコース画面になります。

④数秒後「ラウンド開始」が表示されます。

⑤「ラウンド開始」を押して開始します。


※10秒以上開始ボタンが表示されない場合は「開始ボタンが表示されない時の対処方法」をご覧ください。


-ラウンド途中でアプリが落ちた場合の起動方法-

万が一、Watch側のアプリが落ちた場合はWatch側のアイコンを押すだけで再開できます。iPhone本体からの再起動は必要ありません。


-メイン画面説明-

 
●ティーグラウンドに近づくとホールを自動で判定して切り替えます。

●グリーンに近づくにつれて徐々にコースマップは自動的に拡大されていきます。

●2グリーンでは残り距離を左右同時表示するようになっていますので切り替えは不要です。


 新しく追加された機能

「打点登録」ができるようになりました。
 
 コースマップ表示の画面の「ダブルタップ」で打点登録できます。


ホール切り替えが可能になりました。
 
 「切り替え画面」でホールを選択(タップ)するとホールが切り替わります。


Watch側からも「終了」できます。  
 ラウンド終了を押すとiPhone本体側も終了します。



-設定&注意事項-

●WatchOSはVer4.0以降が必須になります。それ以前のOSでは動作しませんのでご注意ください。

●AppleWatch用コースデータが追加になっていますので、「コースを再ダウンロードしますか?」と表示された場合には、詳細からコースを再DLしてください。


-開始ボタンが表示されない-

●稀に10秒以上経過しても「ラウンド開始」が表示されず、無反応状態になる場合がございますが、 その際はiPhone本体で再度コースを選択し直して下さい。

 もしコースの再選択を行っても解消されない場合は「Bluetooth接続がオン」になっている事を確認した上で以下をお試し下さい。

  ①Watch本体を再起動する。
  ②iPhone本体を再起動する。

※上記の①②を試しても解消されない場合はアプリの入れ直し、またはAppleWatchの再ペアリングが必要になる可能性があります。


-コースマップが表示されない-

●稀に開始ボタンを押したあと「コースマップ」が表示されず、無反応状態になる場合がございますが、 その際はiPhone本体で再度コースを選択し直して下さい。

これはコースデータの転送が完了する前にラウンド開始ボタンが押された時に発生する現象です。

再選択の際は、5秒程度の時間を置いてからWatch側の「ラウンド開始」ボタンを押すようにすると解消します。


-WatchのGPSを使用する-

●AppleWatchはiPhone本体から30m以上離れてBluetooth接続ができなくなると、自動的にAppleWatch側の GPSを利用する仕様になっています。(※Series1はGPS対象外)

※初回の切替わりの際にWatch側でGPSを取得するまでに値が不安定になる場合がございますのでご注意下さい。

●ラウンド開始ボタンを押した後に、iPhone本体側の「設定」でBluetoothをOFFにすると、未接続状態になりますので、その場合もAppleWatch側のGPS値を利用する仕様になっています。

尚、既に接続中のAppleWatchはコントロールパネルからの「BluetoothのOFF」では切断されませんので、必ず下記のように設定画面の方のBluetoothでオフしてください。
※AppleWatch本体のGPS測位に時間がかかったり、取得精度が低い場合などiPhone本体のGPSよりも正確な値が取れない場合がありますのでご注意下さい。

※BluetoothをOFFにした状態で連続使用すると常にGPS測位が行われますのでバッテリー消費が激しくなります。この状態での連続稼働は最長で5時間程度です。

※バッテリーの消費を抑えたい方は「BluetoothをON」にした状態でご使用されることをお奨めします。


-セルラーモデルをお使いの方へ-

「Series3」セルラーモデルの場合、Bluetooth接続をOFFにすると、モバイル通信が有効になってしまいバッテリー消費が一段と激しくなります。

弊社の実験ではこの状態でGPSを併用した場合の連続稼働は最長で4時間程度です。

以下の手順でWatch側のモバイル通信もOFFにされるとバッテリーの消費は抑えられますが、それでも最長で5時間程度です。バッテリーの消費を抑えたい方は「BluetoothをON」にした状態でご使用されることをお奨めします。